知覧どり南薩工場見学@鹿児島

September 7, 2016

お盆も終わり、朝晩も少し涼しくなり始めた8月の終わり。

30日31日の二日間、鹿児島県の知覧町へ。

南薩食鳥販売の谷口さん案内のもとクラマ計画の選ばれし7名が研修にいってきました。

 

 本州最南端の鹿児島。雄大な大地を走り、まずは焼酎蔵濱田屋伝兵衛さんへ。

途中寄ったサービスエリアで食べた鹿児島のさつま揚げ(鶏軟骨入り)が絶品!!!

幸先良いスタートに、眠たかった皆のテンションも徐々にUp!!

 

 

 

紆余曲折ありましたが、無事到着!!

「焼酎蔵薩州濱田屋伝兵衛」

 

喜びを体全身で表現する要ちゃん。

 

 

 杜氏さんの説明を真剣に聞き、そして学び。

 

 待ってました!試飲タイム!!

ちなみに濱田屋さんで一番有名な焼酎は「赤兎馬」です。

 

 最後に記念撮影。山口さんは酔っぱらってコケてるわけではありません。。。

 

 

 

 

そろそろお昼時。お腹も空いてきたところでランチタイム。

鹿児島らしいもの。と、ゆうことで「黒豚とんかつ御膳」を食べます!!

 

 美味しそう!!!!!

 

美味しそう。。。。

 

 某〇〇社長提案のゲームの結果、僕だけアジフライを食べたのはここだけの話。笑

他のスタッフによると、脂が美味しくて塩をつけて食べると絶品!!!とのことでした。

 

 

 

次に向かうは「桜島」

今も活動している火山。この日はほとんど無かったですが、火山灰の被害は大変だと聞きます。

こんなとこでも、僕たちは地球に生かされてるんだなと考えさせられます。

 

愉快な仲間たちはフェリーに乗りいざ桜島。

 

 15分おきに運航しているフェリー。島に住む人たちの生活の足にもなってます。 

 愉快な仲間たち。

 

 何が見えてるんでしょう??

 

 桜島では溶岩加工センターに行き溶岩プレートの勉強。

 

これを何かに使えないかみんなで考えてます。

 

保温性が高いので焼き台なんか作れると良さそうですね。

 

 溶岩プレートの釜。いろいろな人が体験学習に訪れるそうです。

 明日のクラマ計画を見つめる社長。

 

最後は記念撮影。アップで見ないでくださいね。

 

やっぱり桜島は偉大です。

 

 

 

 

その後一度ホテルにチェックインしたのち、夜の鹿児島の美味しい店へ案内して頂きました。

 南薩さんの鶏を扱ってる「大安」さん。ももタタキは炭の香りが美味。

 炙り焼き。吟蔵のスタイルより細かくカットしてます。

 この提供スタイルもありですね。

 

 二軒目の「丸万」さん。この店がすごいんです。

 

なんとメニューが。

 

 この突き出し980円(皮ポン酢)と

 骨付きもも肉1800円。

 

 

 

だけ、なんです!!

 

 いや~。世の中にはまだまだ色んな店があるんですね。

 

ほんまに勉強させられます。

 

 

 

 

その後も色んなジャンルのたくさんの店に行き。皆で熱く語る良い夜になりました。

これは全て勉強中です。あしからず。

 

 

 

 

 

 

 

そして・・・

 

無事二日目の朝を迎え、この研修のメインイベント。

「南薩食鳥販売工場」へ。

 入口で靴の消毒。鳥インフルエンザ対策もしっかりしてます。

 白衣に着替えて衛星面もばっちり!!

 

誰かわかりますか?

 誰かわかりますか?

 エアシャワーを浴びて小さな埃も除去します。

 城ケ崎工場長の案内のもと、見学スタート!!

 工場内はたくさんのスタッフがもくもくと作業されてます。

 

 南薩食鳥工場には色々な国から働きにこられてます。

 ここで、なんと!!

 

 

実際に鶏をさばかして欲しい!!と、ゆう

僕の我儘なお願いを城ケ崎工場長は快く引き受けて頂きました。

 

 しかもスタッフ全員が体験できました。

本当にありがとうございました!!

もも肉を外す工程を体験させて頂きました。

 

こちらはもも肉カットマシーン。

こちらは、鶏の羽を焼いてるシーン。

 

加工品としての販売も行われてます。

最後に質問タイム。実際の現場を見たあとの鶏に対する気持ちが各自かなりアップしてました。

最後はもちろん記念撮影。

 

農場から運ばれてきた鶏を屠殺するところから僕たちがいつも使っている状態まで全て見学させて頂き、食材でありながらやはり命ある生き物だとゆうことを心に感じました。

「いただきます」と「ごちそうさま」人間は生かされているんだとゆう本質。

工場のスタッフ全員が全力でこの頂いた命を余すことなく「いただく」ようにする熱意と努力を見させていただき、更にこれからも食材を全力で大切に使わせてもらおうとゆう気持ちになりました。

 

城ケ崎工場長はじめスタッフの皆さま、お忙しい中本当にありがとうございました。

 

 気持ち新たに一行は次の目的地へ。

 

道中広がる一面の茶畑。

 

鹿児島の知覧茶はなんと、静岡に次いで国内2位の生産量なんです!!

 向かった先は「知覧特攻平和会館」

撮影禁止のため、館内の写真はございませんが、中では語り部の方にお話をして頂きました。

拙い僕の文章では語れないほどの大切なお話を聞かせて頂きました。

 

 最後はもちろん、記念撮影。

 次に向かったのは、「知覧醸造」さん。

こちらは家族経営されてる蔵です。茶畑もてがけてはるとのこと。

杜氏さんの優しい人柄が焼酎にもあふれでてました。

 それにしても皆さん良く飲みはりますね。

 最後は鹿児島県内の巨大スーパー。

 

ホームセンターと大型スーパーが合体して車まで売ってる施設です。

 

 

 南薩さんで加工してた鶏も売ってました!!

 

 

 

 最後になりましたが、今回の鹿児島研修に関わって頂いた皆様

本当にありがとうございました。

 

そして何より、2日間ずっと運転から案内までしていただいた南薩食鳥の谷口さん、

心より感謝しております。

 

今回の鹿児島研修では本当に食材のの大切さ、生産者さんの気持ち、人は生かされている

とゆうことを学び、食材は「食財」なんだと感じました。

 

この気持ちを僕らの現場でもっと発揮していけるように頑張りたいと思います。

 

拙い文章ですが最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

それではまた次回。

 

 

 

 

Peace.

Please reload

Recent post

December 29, 2016

December 28, 2016

Please reload

Category
Archive